兵庫県朝来市和田山町・安達歯科医院 受診される方へ 安達歯科医院の診療案内
安達歯科医院の治療症例紹介




『小児歯科』といっても、歯科医院はたくさんあり、治療に対する考え方は様々です。その中から歯科医院を選び、子供に歯科治療をうけさせることは、保護者として重要な選択であり、大きな責任であると思います。

私たちの考え方は『楽しい歯科医院』です。

子供を泣かさないことで、保護者の方も、私たちも泣かなくてすみ、
子供が笑顔でいると、保護者の方も、私たちもうれしくなります。

『大人は心を開いていなくても口を空けますが、子供は心を開かないと口を空けない』ことをしっていただきたく思います。

私たちはお子さんとのコミュニケーションをたくさんとり、歯科治療を通じて、心身ともに成長していけるように、お手伝いしたいと思っています。

歯科治療ができるようになると、お子様にとって大変な自信につながります。
ただ、治療をあせってはいけません。 あせる結果、遠回りになることもしばしばです。
たとえば、保護者の方も忙しい中来院していただき、一回でたくさん治療してほしい、とおっしゃいます。
無理して進めると、次からまったくお口が開けられなくなります。
その結果、開けられるようになるまで、また、トレーニングが必要になります。
一度お子さんから信頼を失うと回復は非常に難しくなります。

大人と子供では感じる時間が違います。少し余力を残して帰宅することも、治療を短く、短期間で終わらせる一つの方法です。

ご理解とご協力していただければ助かります。


お子さんが歯科治療を上手にうけるために

そもそも何で「子どもが歯科医院で泣く」のでしょうか。
それは、子どもが「歯科治療は痛い」とか、「歯科治療は怖い」と思っているからです。「歯科治療は痛い」と思うのは、「痛い」状態を作り出すような、大きなむし歯が出来ているからです。
「歯科治療は怖い」と思うのは、「怖い」ことを認識できる年齢になってから歯科医院を訪れるため、本当の中身を知らず、周囲からの雑音もあり、不安が大きくなるからです。

お子さんが上手に歯科治療を受けられるコツは、「痛くなるような大きなむし歯が出来る前に」、「怖いと思う年齢になる前」に安達歯科医院にいらしていただくことです。
お母さんが異常と思うことが何も無くても来院していただいて大丈夫です。

しかし、「もうすでに痛い」「すでに歯医者を怖がっている」という場合もあろうかと思います。その場合は歯科治療を上手に受けるのは結構難しくなってきますが、それでもやはり守っていただきたいポイントがあります。それは次の3つです。
1. いつものように軽く朝食をとり、比較的子どもの機嫌が良い午前中に予約をとってください。昼過ぎになると眠くなってしまいますので、治療は不向きです。
2. ゴムのズボンや胸元が詰まっていない服を着て、温度調整がしやすいように重ね着(肌着・ポロシャツ・カーディガンなど)をしてください。ハイネックのセーターにデニムのジャンパースカート、なんて、横になっただけでも苦しいですよね。


そして最後に重要なのが‥‥
3. 歯医者では何をするか、どんなことが起きるかをいっさい言わないでください。
下の四角の中に、お子さんとの歯科医院に関する会話に関して、理想的な受け答えと、よくある間違いを書いてみました。


悪い表現
「今日はなにするの? 痛いの?」
「悪い虫をやっつけるんだよ」
「どうやって?」
「まず歯ぐきに注射してそれからドリルで歯に穴を開けて‥‥」
なんて言われたら賢い子程、「絶対いきたくなーい(大泣)」となります。

良い表現
「今日は何するの? 痛いの?」
「お母さん、歯医者さんじゃないからわからなーい
わからないから歯医者さんにみてもらおうね。(努めて明るく)」
これで充分です。
治療中は
「痛くないからね。」
「すぐ終わるからね。」
「何もしないからね。」

恐怖を感じさせるようなマイナスイメージな表現や嘘の表現は子どもが信用してくれません。
何もしないからねといって、私たちは何かすれば嘘をついたことになります。
些細なことの表現ですが、小児歯科では非常に大切なことです。
来院したらトイレを済ませて、あとは私たちにお任せください。

安達歯科医院では基本的にはお母さんにも一緒にお部屋に入ってもらいます。お母さんがお子さんの治療のサポーターになってほしいからです。お子さんが上手に歯科治療を受けられることを、褒め、喜んで欲しいのです。

しかし、お母さんがサポーターになりきれずに、上に書いた「タブー」を連発される場合、またはお子さんが甘えて治療がうまくいかない場合は、3歳を目安に一人で入室してもらっています。お子さんによっては保護者の方と一緒ではない方が甘えたりせず、治療がスムーズに進むことがあります。
“一人でできた〜!と自信満々、達成感に満ちた笑顔で、心配そうに待つ保護者へ駆け寄る光景は、それはそれでなかなか美しいものです。
(もちろん、3歳というのはあくまで目安であり、お子さんに合った対応を心がけておりますので、ご安心下さい。)

・治療について -安心・安全・快適がテーマ-
子どもはなぜ歯科医院に連れてこられたのか理解できていないのが普通です。
この状態で無理やり押さえつけて泣きながら治療することは、歯を治している一方で、心には傷を負わせることになります。
子どもの立場からは、「そんな嫌なところに連れて行ったのは誰だ? 」という気持ちが芽生え、親を恨んだり、親子の関係に溝が生まれたりしかねません。

そこで、安達歯科医院では、まず歯科医師や衛生士とあいさつ・日常会話をすることから始まります。スタッフと仲良くなる、お友達になることが治療の第一歩だと思っています。
それから、お子さんに実際に使用する器具を見せて説明します。その際、削る機械は「ジェット機さん」、水は「シャワーさん」など、子どもに分かりやすい言葉に置き換えて理解させるようにしています。理解が出来ればスムーズに治療が進みますが、さらに子どもの好奇心を利用し遊んでいるような感じで治療を進めていきます。
「この人たちは私の味方なんだ」と思ってもらえるまで、つまり、信頼関係が築けるまでの時間はお子さんによってまちまちです。その日のうちに打ち解けてくれる子もいれば、時間がかかる子もいます。後者の治療はトレーニングばかりで、保護者から見ると「いつになったら歯の治療をしてくれるんだろう」と思うような状態が続くこともあります。しかし、「ここが肝心、急がば回れ」だと思ってご辛抱ください。
さて、先ほど「器具を見せて理解させ‥‥」と書きましたが、麻酔だけは例外です。“注射”とか“針”という言葉を耳にしたり、実際にとがった針を見ると、大人でも萎縮してしまいます。
そこで、“枕を使ってバイ菌と歯と歯ぐきを眠らせるよ”と言いながら、麻酔液の苦味を吸うための綿を歯ぐきに置き、針が見えないように子どもの死角から、痛くないようにゆっくりと麻酔をします。
うまくいくと、麻酔をしたことに気がつかないこともしばしばです。
唇がビリビリしびれているのは「バイ菌と歯と歯ぐきがいびきをかいているんだね、触ってたら起きちゃうよ、そっとしておいてね」と表現します。「麻酔でバイ菌が眠っていびきをかく」なんて、かわいい嘘ですね。このような「嘘」であれば、十分OKです。

・レントゲン検査
治療では大人と同じように、必要であればレントゲン撮影もします。乳歯であっても診査・診断は重要だからです。
ここでもまずはトレーニングから始めなければいけません。小児の治療にトレーニングはつきものです。
レントゲン検査では、骨の中にある永久歯の芽の状態も確認できます。
中にも永久歯が生まれつき無かったり(先天性欠損)、永久歯の芽が本来生えてくるべきところから大幅に移動していることがあります。そのような場合は、レントゲンを定期的に撮りながら生え変わりをチェックしていく必要があります。

・小学生 永久歯への生え変わりに気をつけて
歯は生後6ヶ月頃から生え始め、全ての乳歯が生え揃うのが2歳半頃。6歳頃に抜け始め全部永久歯に生え変わるのが12歳頃です。つまり、小学校の間は乳歯と永久歯が一緒にお口の中にある状態なのです。

子どもが小さいうちは仕上げ磨きをしたり、3歳児検診などの自治体主催の検診もあるため保護者の関心が、お子さんの口の中に向っていますが、永久歯が生え始める6歳頃から「もう小学生だから自分でできるよ」と多くの家庭で仕上げ磨きはしなくなります。また、家事が忙しかったり、下の子が出来たりで忙しくなり、ますます小学生の子のお口の中の管理にまで手が回らなくなってくる家庭が多いようです。

そのようなご家庭でも、ここだけは気をつけて欲しいポイントがあります。それは6歳臼歯(第一大臼歯)です。6歳になると、一番奥の乳歯のさらに奥に、親知らずのように歯ぐきから突然生えてくる歯があります。どこの乳歯も抜けないでいきなり生えてくるので、結構生えたことを知らない家族も多いようです。

実はこの歯はかみ合わせに大きく係わる最も重要な歯なのです。
この6歳臼歯は絶対に虫歯にしないようにしてほしいです。なぜならばこの歯はかみ合わせの位置を決めるのに重要な役割をしているからです。この歯が大きな虫歯になると、歯の高さが変わってしまいます。そうすると大事なかみ合わせが狂ってくることがあるのです。一度かみ合わせが狂うと、治療するのはかなり大変です。
しかも、一番力を負担できる強い歯ですから、大事にしたいものです。

「歯科医院を受診して虫歯はすべて治療した」
「学校検診でも紙をもらってこなかった」
となると、たいていのご家庭では、歯科医院の事は忘れてしまいます。

しかも、症状のない状態;「痛くも無い」「特に困ってもいない」状態では、日ごろの忙しさも相まって、「歯科医院にいく暇なんてない」と思うものです。
しかし、ここまでの文章からも分かっていただけることを確信していますが、問題が無いと思っても定期的に歯科医院を受診することをお勧めしています。問題が起こってからの治療では(特に小児歯科では)、治療自体が難しくなり、後の成長発育にも悪影響を及ばしたりすることが多いのです。
ぜひ定期検診にいらしてください。

・外傷
小児期で、最も多い外傷(ケガ)は歯の脱臼や陥入(歯が歯ぐきに、めり込むこと)です。お子さんが外傷を受けた時の実際をお話します。

口の中は血流が豊富でたくさん出血してますが、まずは深呼吸して、落ち着いてください。
初めに意識の有無と頭部などの外傷を確認し、問題が無ければ歯を探してください。どんなに汚れていても水で洗ったりせず、牛乳に漬けてできるだけ早く来院してください。

安達歯科医院では、通常トレーニングをしてから治療を進めていきますが、外傷の場合はその限りではありません。お子さんがどんなに泣こうとも治療を優先します。
一刻も早く処置をすることが、その後の予後を大きく左右するからです。
嫌がる子を押さえつけてとてもむごいことをしているように見えますが、優しくしっかりと体幹を中心に押さえることで動きが抑制され、結果的に早く確実に安全に処置をすることができます。



診療時間
一般歯科
審美歯科・ホワイトニング
インプラント治療
矯正歯科
義歯
かみ合わせ治療
訪問治療
歯と女性の健康
ナイス・歯ディ
リンク