兵庫県朝来市和田山町・安達歯科医院 受診される方へ 安達歯科医院の診療案内
安達歯科医院の治療症例紹介




歯科診療を身近に思っていただきたく、歯科治療での器機器具をご紹介いたします。


●デジタルレントゲン
デジタルレントゲンは、原発でよく耳にするように なった被爆量が、非常に少ないので安心して 受診していただけます。
現像もいらないので環境にもやさしく、待ち時間がいりません。
画像もより鮮明になったので、的確な診断ができます。
●高周波治療器(コスモ)
高周波電流と超音波をつかって、 患部に直接触れなくても処置をおこなえます。
親知らずや歯周病で、歯茎がはれた時の消毒や 治癒の促進に使います。
口内炎もすぐに痛みを取り除けます。
●半導体レーザー
小型ですが高出力のすぐれものです。
歯科用レーザーは、妊娠中の方や、高血圧の方にも、 安心して治療を受けていただけます。
歯の表面の消毒・滅菌・歯を硬く強くすることによる、 虫歯予防や虫歯の進行をおさえるのに効果的です。
もちはこべるので往診時にご自宅でレーザー治療がうけれます。
●オートクレーブ
使い捨てのできない医療器具は、 個別にパックして、高圧蒸気滅菌処理を行い、 感染予防対策に細心の注意をおこなっています。
●バキューム
治療の際、あの水がなければ・・・と思われる方は 多いのではないかと思います。
歯を削る時は、高熱になるので冷やすために水を 加えます。におい等も吸ってくれます。
バキュームするときは、なるべく体の力をぬくと,術者も しやすくなります。とはいえ、力がはいるものです。
なるべくリラックスしていただけるように心がけます。
●歯科用カメラ
治療前、治療後の記録は非常に大切です。 歯が大きく写るので今まで見えてなかったものが、 みえてきます。
口の中は暗くて、狭いので、奥まで光が届くように、 円形のストロボをつけています。
●電動注射器
痛みの少ない歯科治療には欠かせないアイテムです。
麻酔をする際、痛みを少なくするには、少しずつ、 ゆっくりすることが大切です。
この器具は、麻酔の量や、注入速度を電動制御することで、 できるかぎり痛みをすくなくすることを可能にしました。
わたし自身、歯科治療を受けた際、痛みがないことに感動して、 『痛みのない歯科治療』をめざすきっかけになりました。
●プローブ
歯周病がどの程度進んでいるのかをそくていします。 歯と歯茎の溝すなわち、歯周ポケットに挿入するものです。
お口の中で使う物差しです。
原始的ですが歯茎の状態がよくわかります。
測定時、時として少々痛みもありますが、出血や痛みは歯周病のサイン と考えください。
きちんと直そうと努力する患者さんには、必要な感触です。
●スプーンエキスカ
虫歯になると硬い歯が柔らかくなってきます。
先がスプーンになっているので、柔らかくなった虫歯 の部分をすくって取り除きます。
音がせず痛みが少ないので子供の治療によく使います。 カラフルな感じがリラックス効果あり。
●バー
歯を削る道具です。
歯は体の中でもっとも硬い組織です。
このバーにはダイアモンドの粉がちりばめられていて、 それにより歯を削ることができます。
このダイアモンドを集めれば・・・と考えることもありましたが、 無理のようでした。
●根管長測定器
根の治療をしているとき、歯科医師は目で直接 見ることできません。
その際この機械を使うことで、目に見えないところの 長さを正確に測ることができます。
根の治療は長時間お口をあけていただくことがありますが、 ご協力よろしくお願いします。
●咬合器
あまり目にすることはないと思いますが、患者さん のお口を再現することができます。
お口全体の治療や、かみ合わせの状態を精密に 検査するときに必要になります。
ゴシックアーチシステムで義歯を作る際などに大活躍します。
影から歯科治療をささえる大切な器具です。
●表面麻酔
麻酔をする際注射針を使いますが、 針を刺す箇所を、あらかじめゼリー状のぬり薬で 麻痺させます。
針をさしても痛みをかんじにくくなります。
『痛みの少ない歯科治療』には不可欠なアイテムです。




診療時間
一般歯科
審美歯科・ホワイトニング
インプラント治療
矯正歯科
義歯
かみ合わせ治療
訪問治療
歯と女性の健康
ナイス・歯ディ
リンク